暮らしを楽しんでみよう♪

暮らしの中の私

窓ストッパーは100均商品でも大丈夫?ダイソーとホームセンターとの違い

投稿日:

100均 窓ストッパー

今年の夏、ダイソーで買った窓ストッパーの「開かずの窓」が我が家で大活躍してくれました!

100均商品なのでちょっと不安でしたが、十分使えるお品でしたのでご紹介します^^

元から家にあった、ホームセンターの窓ストッパーとの違いなどもご参考にどうぞ。

スポンサーリンク
  

窓ストッパー 100均商品をダイソーで買ってみました

今年の夏、ダイソーで窓ストッパーを買った理由は、窓用エアコンを設置したからです。

付属で入っていた、サッシにビス(ネジ)で取り付けるタイプのものが、我が家の家の窓には取り付け不可能だったので防犯対策として購入しました。

 

それがこちら

窓ストッパー ダイソー

このタイプのストッパーは、ビスの打ち込みなど一切不要なので、使いやすく便利です。

 

窓ストッパーのパッケージに「取付可能寸法」って書いていますが・・・

これは、この部分です ↓

 

たいていのサッシに取り付け可能ではありますが、中には取り付けできない窓もあるようなので、ちょっと特殊なサッシの場合は事前にしっかり確認した方が良いかと思います。

 

どんな風にカギがかかるの?

窓ストッパーは、サッシの「窓枠とレール」を押さえてカギの代わりとして使う防犯対策グッズです。

カギの代わりと言ってもあくまでも防犯対策です。

完全に窓をロックできるわけではないので気を付けてくださいね。

通常通り開けようと思ってもそうはいかない、という感じではありますが、ものすごい力で開けようとするとたぶん・・・開くと思います(やってないのでわかりませんが^^;)

だけど、

じゃあ、防犯対策にならないのか?というと、そんなことはありません。

100均のものだとちょっと不安になるかもしれませんが、十分使うことができましたよ^^

スポンサーリンク

この夏大活躍!窓ストッパーは100均のものでも大丈夫

一般的な窓ストッパーは、窓のサッシとレールの間に入れて突っ張らせ、押さえることで窓を開けにくくするという仕組みになっています。

 

今まで100均ではないものを使っていたという人も、初めて使ってみるという人も、安心してください^^

100均の窓ストッパーでも、十分その役目をはたしてくれますよ。

 

実際我が家でも、夏の間しっかり活躍してもらいました^^

・窓用エアコンを設置したために半開きの状態になってしまった窓に

・目が届かない窓に

・寝ている間の防犯対策として

窓ストッパーの役割は、少し開けた窓を固定して人の侵入を防ぐことです。

なので、人が簡単に通りぬけできるくらいには開けないでくださいね。

 

100均のものでも何ら問題なく使うことはできましたが、窓ストッパー自体の利点と欠点があります。

メリット(良いところ)

・工具不要!窓やサッシに傷をつけずに防犯対策ができる

・窓の開け具合を自分の好きなように調整できる

・お手軽簡単な取り付けで、はずすのも簡単

・100均でも買えるので経済的

 

デメリット(注意点)

・カギのように完全ではない

・サッシにストッパーの色がつくことあり

・毎回、閉める→ゆるめるの作用が必要

 

窓ストッパーの使い方 簡単だけどちょっと面倒?

窓ストッパーの使い方を知っていますか?

私は初めて使う時にちょっと手間取ってしまったんですが、使い方がわかればとっても簡単ですよ^^

 

付け方は、

サッシ(窓枠)とレールの間に入れて、ダイヤルを回して固定する

これだけです。

 

ダイヤルを回すとここの部分の開きが変わります。

窓ストッパー 使い方

サッシとレールの間に入れる
 ↓
ダイヤルを回して幅を調整
 ↓
ほどよくつっぱる位置に合わせる
 ↓
窓が横に動かないことを確認

はい。これだけなんです^^

窓ストッパー本体だけ見ると、どうやってつけるの?と迷いそうですが、簡単に言うと、すき間に入れて回す、というだけです。

これは簡単ですよね。

 

だけど、毎回つける時にダイヤル回して調節し、はずす時にはダイヤル回してゆるめてはずす、という作業をする必要があるので、簡単ではあるけれど、ちょっと面倒かな~と思う時も多々あります^^;

 

窓の上と下どっちに付けるかはお好みになります。

下に付ける時は片手でもできて超簡単!なんですが・・・

 

ペットの脱走防止に使うなら良さそうですが、子供のいたずら防止なら手の届かない上に付けるのがおすすめです。

また、夜寝ている時の夏場の防犯対策としてなら、だんぜん「上」に付けるのがおすすめです。

万が一侵入者が窓を開けた時、窓ストッパーが下に落ちるので「音」が出るからです。

 

ただし、本当にストッパーが落ちてしまった時は、下にある物にぶつかって壊れることもあるかもしれませんし、子供などがいて頭に落ちると危ないです。

ガッチリ閉めていれば落ちることはほとんどないと思いますが、念のため、周囲に気を付ける方が安心です。

 

ダイソーとホームセンター 窓ストッパーの違いとは?

今年の夏に買ったダイソーの窓ストッパーとホームセンターのものです。


(ホームセンターのはもらった物でなぜか名前入りだったのでぼかしていますw)

 

違いはほとんどないように思います。

しいて言えば、色が違う^^;

材質や幅の開きに若干の違いはあるものの、使い方も使い勝手も、強度の方もほぼ同じに感じます。

 

使う前は、ここ

の色が、100均のはサッシについてしまうのかな?と思ったんですが・・・(若干つくことがあります)

ホームセンターのものも同じようについてしまいました(汗)

 

なので、

見た目も、大きさも、使い勝手も、デメリットも、ほぼ同じということで、窓ストッパー初めて使ってみるという人は、ダイソーの方がおすすめかもしれません。

安いですしね♪

それで使用感が今一だなと思えば、それから高い方を買っても良いかなと個人的には思いました。

 

あとがき

2019年の夏、我が家はこの窓ストッパーが大活躍してくれました。

実は、ホームセンターのものは知人からもらったもので、最初は使い方がよくわからずでしたが、100均のを買って説明を見て納得。

使い方がわかればとっても簡単です。

ただ、押さえている箇所に窓ストッパーの色がついてしまうことがあります。

白い窓だと目立ってしまうので、この点はお気をつけください。

スポンサーリンク

-生活用品
-, ,

Copyright© 暮らしの中の私 , 2020 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。