暮らしを楽しんでみよう♪

暮らしの中の私

白菜のカロリーはどのくらい?実は栄養が少ないって本当?黒い点々と栄養の関係

投稿日:

白菜 カロリー

寒い季節になるとおいしい白菜。

白い野菜なので「カロリーが低い?」と見えてしまいませんか?

だけど実際はどうなんでしょうか?たくさん食べても太る心配はないんでしょうか?

また、白い野菜ということで、栄養がないように見えるわ、という人も多いと思います。

 

そこで、白菜のカロリーや栄養はないのか?といったことについてまとめました。

また、白菜と言えばよく黒い点々がついて気持ち悪く見えることもありますよね?

この黒い点々と栄養の関係についてもご参考にどうぞ。

スポンサーリンク

白菜のカロリーは1玉どのくらい?半分や4分の1の目安

白菜のカロリーってどのくらいあるんでしょうか?

大きさや中の葉のつまり具合など、そのものによって違いが出てくるので、ここでは、おおよそでご紹介していきたいと思います。

 

白菜のカロリーは「100gで約14kcal」です

1玉・・・・約400kcal

半分・・・・約200kcal

4分の1・・約100kcal

ゆでたらカロリーは変わるのか?というと・・・

白菜は、生の状態で100gあたり約14kcal。

ゆでた後では、約13kcal。

つまり、ほとんど変わらないということになります。

 

1玉では約400kcalもありますが、丸ごと1人で一気に食べるという人はあまりいませんよね?

4分の1でもちょっと多いでしょうかね^^;お鍋で食べたとしても、1人では4分の1も食べることもほとんどないと思います。

そう考えると、たっぷり食べても100kcalにもならない計算になりますが・・・

 

どうなんでしょうか?

100kcalって野菜ではカロリーは少ない方なんでしょうか?

 

ということで、同じように色の薄いキャベツと比べてみましょう!

キャベツ100g・・・23kcal

白菜100g・・・・・14kcal

けっこう違いますね。2倍とまではいきませんが、それに近いくらいキャベツの方がカロリー高めです。

 

ちなみに、カロリー高そうなイメージのある、かぼちゃと比べてみると・・・

かぼちゃ100g・・・91kcal

白菜100g・・・・・14kcal

これは見事に違いますね。

 

他の野菜と比べてみると、白菜はやっぱりカロリーが低くなっています。

だけど、あまり油断しないでくださいね。

白菜は、ゆでて食べるとカサが減って食べやすくなるので、お鍋なんかに入っているとつい量を多く食べがちです。

ダイエット中の方はちょっと意識した方が良さそうですよ^^


スポンサーリンク

白菜は栄養がない?どんな栄養素が入っているの?

白菜のカロリーはやっぱり低めということがわかったところで、

だったら、栄養もあまり入っていないの?

なんて気になりませんか?

 

実は、白菜はそのほとんどが水分です。

どのくらいが水分なのか?というと・・・

95パーセントほども!

なので、他の野菜に比べると栄養が少ない野菜と言えそうです。

 

とは言っても、食べる意味がないというわけではありません。

白菜は、この栄養が特に多いという成分はありませんが、広く・浅くといった感じで、少しずついろいろな栄養素が含まれている野菜なんです。

 

水分もただの水ではありませんよ。この中にはミネラルが含まれているので、水分もまた、栄養素ということになるんです。

 

少しずつたくさんの栄養が含まれている白菜ですが、その中でも多めなのが、

・カリウム

・カルシウム

・βーカロテン

・ビタミンC

・ビタミンK

・葉酸

 

このような栄養にはどんな働きがあるのか?軽くご紹介しますね^^

カリウム

体内にたまっている余分な水分を体外に排出します。

カリウムには、ナトリウムの排出を助ける作用があるので、塩分の取りすぎで水分が体の中にたまりがちな人の水分排出を助けてくれます。

カルシウム

カルシウムと言えば「骨」ですよね。

骨や歯に欠かせない成分で、骨や歯を作る大切な栄養素です。

その他にも、精神安定にも欠かせない成分として知られています。

βーカロテン

強い抗酸化作用を持つことで有名な成分です。

そのため、体内の活性酸素を抑えて体がさびつくのを防ぐとも言われています。

また、免疫力を高めたり皮膚・粘膜の正常化を助け、目にも良いとされています。

ビタミンC

ビタミンCと言えば、美肌のイメージが強いですよね。

抗酸化作用があり活性酸素の除去を助けることから、肌や体の老化を抑えたりガン予防への効能も期待できると言われています。

ビタミンK

血液凝固作用があり出血をした時などに血を止める働きをしてくれたりします。

また、カルシウムが骨になるのを助けると言われ、丈夫な骨作りに欠かせない成分です。

葉酸

体の細胞を作るのに大切な成分です。

 

白菜の栄養とその効果効能ですが、こうしてちらっと見てみると、なんだか体に良さそう!って思いますよね?

ですが、体やお肌に良い成分が入っているとは言え、やはり量はあまり多くありません。

白菜は淡色野菜に分類されます。野菜を食べるなら、緑黄色野菜と淡色野菜をバランスよく食べるのが理想です。

 

白菜の黒い点々が気持ち悪い?実は栄養と関係があるんです

白菜に黒い点々がついているのを見たことはありませんか?

おそらく、白菜を買ってきて調理したことのあるほとんどの人が見たことがあると思います。

 

ちょっと気持ち悪く見えてしまうんですが、

体に悪いものではありません

普通に食べれるんですよ^^

カビのようにも見えてしまうこの黒い点々ですが、実は、体に悪いどころか、とっても良いものなんです。

 

黒い点々は「ポリフェノール」です。

赤ワインに多く入っている、と言えばみなさんおわかりですよね?

抗酸化作用があると有名な、あのポリフェノールです。

 

白菜自体が栄養不足だったり、温度が適していない環境などでストレスを受けて育ったものに出やすい成分です。

 

白い葉に黒い点なのでとにかく目立ちますよね。

虫のようにもカビのようにも見えたりするので、たくさん点がある時にはびっくりしてしまうかもしれません。

 

一応栄養素なんですよね。

ですが、食べたからと言って健康面などに大きな変化があるかと言えば、成分の量が少ないですしこれはちょっと考えにくい感じがしますね^^;

家族がいやがって食べてくれないという場合は、そぎ落として調理に使う方が良さそうですよね。

食べてくれる分だけ栄養を摂取できると思います^^

 

さいごに

白菜のカロリーや栄養についてまとめると・・・

・カロリーは低め

・バランスの良い栄養が含まれているが量は少ない

ということになります。

 

だったら食べない方が?

いえいえ、そんなことはありません。

野菜はいろいろ食べましょう。体に良いことはあっても悪いことはないですよ^^

スポンサーリンク

-食べ物
-,

Copyright© 暮らしの中の私 , 2019 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。